えっ!鍵もない!!

まいど!
電話帳に13件しか電話番号が残ってなかったマンゴーです。

LINE,Facebook,Instagram等でつながってるひとは連絡できるけど
電話番号のみの人はこっちから電話できなくなったので
連絡くれるとうれしいです。


昨日の続きの話です。
子どものクレクレ攻撃に気を取られてるうちにカバンのファスナーが開けられて
知らない間に財布を盗まれるという話は地球の歩き方にも多分書いてると思います。


マンゴーブログでもそれを紹介しようとカラダを張って実体験してきたわけですw
いままでもこうしてもみくちゃにされたことはありましたが
実際にモノを盗られたのは初めてでした。

短パンの後ろポケットにスマホ入れてたのがダメでしたね。
時間は夜の8時半だったので暗闇に紛れて
盗ったスマホをどっかに隠しやすかったのもあります。
子どもらのポケット調べてもなかったですからね。

さて、盗られたものは仕方がないので事情を聞いてもらった
フィリピン人のお店でお礼代わりに飲みました。

それからユニスちゃんとマビ二のYakitoriってバーへ行って、
ライブバンドの音楽を楽しみながら飲みました。

2時前にぼちぼち帰ろうかとポケットに手を突っ込んだら
いつも入れてるはずの部屋の鍵がない!


あのとき鍵もやられたんかなー。
それともトライシクルに乗ってお金払うときに落としたか。
どっちにしても鍵がないと家に入れません。

スマホ盗られてショックやった上に鍵がなくてまたまたショックです。。。


IMG20191124170916_convert_20191124183921 (1)


コンドミニアムへ帰ってロビーの受付の姉ちゃんに
子どもにもみくちゃにされてスマホと鍵なくしたことを伝えます。
それから鍵屋呼んで鍵開けてくれと。

時間は夜中の3時前
姉ちゃん2人とも眠たくて目半分しか開いてませんでしたw

だるそうな対応で
まずオーナーの許可をとってもらわないと勝手に開けれないと言い張ります。

前に住んでたコンドで鍵紛失未遂したときは
(さがしまくったら服の裏地に鍵がはさまってた)
セキュリティーガードがすぐに鍵屋を呼んでくれる神対応でした。


今住んでるとこはすべてにおいてサービスが悪い!
IDを提示して本人確認を済ませユニットオーナーの電話番号をもらいました。
まずそこに電話しろと。

電話パクられたのにかけれないでしょ?
受付の電話でかけてくれたらええのに
となりにいたユニスちゃんの電話でかけろと言いやがります。

夜中なのでオーナーも寝てるやろうけど仕方ないので電話します。
そして受付の姉ちゃんとオーナーに話させます。

タガログ語でしゃべっとるから何言うてるかわからんけど
開けてもいいよと許可はもらえたみたいです。

こういう話の説明もマンゴー本人に伝えないで
となりにいたユニスちゃんにタガログ語で伝えよるんですよ。
あくびしながらね。
そういう対応がいちいちムカつきます

そしてすぐ鍵屋を呼んでくれるのかと思いきや
翌朝6時にもう一度来いと言いやがりました。
6時に来たら鍵屋の電話番号を教えると。

ビクトリアコートで時間をつぶして翌朝7時前にまた受付に行きました。
そしたら9時にならないと対応できないと言い出しました。

話がちゃうやろ?6時に来い言うたんちゃうんけ?
て文句を言うてるとおばちゃんの方の受付嬢がトイレから戻ってきて
鍵屋呼んでくれました。

30分ぐらいして鍵屋到着。
鍵屋は英語でなんていうか知らんから
鍵開ける会社の人呼んでって説明してたけど
Locksmithって言うみたいです。
知ってるんやったら会話途中で教えてくれたらええのに。。。

そのスミスさん針金2本取り出して
こちょこちょやってすぐ開くのかと思ってましたが
結構時間かかってましたw

解錠と合わせて鍵を2本作ってもらって約2,000ペソ(4,000円)でした。


このあと郵便受けの鍵も開けて作ってもらおうとしましたが
ここでも頭が固い受付嬢

別口でオーナーの許可が必要やと言い張ります。
聞かんでも部屋の鍵OKやったら郵便受けもOKに決まってるやん!
いま横にミスタースミスがいてるし今開けてもらったらすぐ済むのに。。。

オーナーに電話しますがつながらず郵便受けの鍵は後日ということになりました。
そうそう、鍵屋さんの話では24時間営業夜中でも呼んだら来てくれたそうです。
うそつき受付嬢ですね。
契約終わったら絶対によそへ引っ越します!


まぁでもとりあえず部屋には入れたのでホッとしました
スマホ盗られて鍵もなくなってめちゃめちゃ長い一日でした。






👇応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ  


コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

Profile

mango1919

Author:mango1919
まいど!マンゴーです。
フィリピン在住イケメンマンゴーがお送りするフィリピン日記。
危険といわれるフィリピンの暗い夜道もものともせずぶらぶら歩き回り、腹痛を恐れず色々な食べ物にチャレンジ。給料日にはあちこちからお金貸してーのお願いが。貸しても返ってこないフィリピンに悪戦苦闘wそしてフィリピーナとの情熱的な。。。

スポンサーリンク

Amazon

楽天市場